あらゆる耐摩耗セラミック工法を安価にご提案・幅広いメンテナンスニーズにお応えいたします
耐摩耗セラミックライニング・補修剤・接着剤 東洋ミック(株)

セラハード仕様

セラハード仕様

セラハード#120と#220の仕様

低コストで素早く耐磨耗補修ができます。

性状及び物性

セラハ-ド#120(標準型) セラハ-ド#220(耐熱型)
項目 ベ-ス剤 硬化剤 ベ-ス剤 硬化剤
外観色調 黒色パテ状 低粘度液状 灰色パテ状 淡黄色ペースト
比重 2.1~2.2 2.3~2.4 2.6~2.7 1.2~1.3
主成分 変性エポキシ樹脂 変性ポリアミン 変性エポキシ樹脂 変性ポリアミン

混合比

セラハ-ド#120 セラハ-ド#220
混合 ベース剤:硬化剤 ベース剤:硬化剤
重量比 2:1 10:1

可使時間・硬化時間

温度 可使時間 硬化時間
20度 2時間 24時間
30度 1時間 14時間

硬化物特性

試験項目 試験方法 単位 セラハ-ド#120 セラハ-ド#220
引張強度 JIS K6911 kg/c㎡ 228.5 335.5
引張伸び率 JIS K6911 0.8 1.6
曲げ強度 JIS K6911 kg/c㎡ 551.9 630.0
曲げ弾性率 JIS K6911 kg/c㎡ 7436.3 7563.5
圧縮強度 JIS K6911 kg/c㎡ 882.4 869.8
衝撃強度 シャルピ- kg・cm/c㎡ 3.4 3.8
硬度 JIS K7215 ショア-D 84.0 87.6
吸水率 JIS C2141 0.288 0.295

※養成:常温硬化後24時間+加熱80℃3時間

使用可能温度

セラハ-ド#120 セラハ-ド#220
100~120℃ 200~220℃

熱伝導率

試験方法:JIS A 1412に準ずる。
養成:常温硬化後24時間+加熱80℃3時間

セラハ-ド#120 セラハ-ド#220
熱伝導率(W/m’K) 2.40 1.60

摩耗試験

試験方法 JIS K 7204に準ずる
養成 常温24時間硬化+80℃加熱3時間
試験機器 東洋精機製作所 No.40テ-パ-式摩耗試験機
試験荷重 500g
摩耗回転数 60
摩耗輪 H-10

摩耗量 (g)

回転数 他社品 セラハ-ド SS41
50 30 25
150 35 27 73
500 50 29 149
1000 60 35 300
試験機概要

試験機概要

御注意

各デ-タ-の数値は保証値ではありません。諸条件により記載の数値と異なる場合がございますので、御採用に際しましては充分な予備試験をお願い申しあげます。

形態・荷姿

品名 ベ-ス剤 硬化剤 1Set 重
セラハ-ド#120 4kg缶 2kg缶 6kg SET
セラハ-ド#220 10kg缶 1kg缶 11kg SET
セラハ-ド#120(受注生産) 20kg缶 10kg缶 30kg SET

セラハード#120 標準型

セラハード#120 標準型

耐磨耗炭化珪素セラミックス粒子混入6kg入り標準セット
ベース剤4kg 硬化剤2kg

セラハード#120 標準型
混合比
ベース剤・硬化剤
比率2:1

セラハード#220 耐熱型

セラハード#120 標準型

セラミックビーズを混入の超耐磨耗パテ11kg入り標準セット
ベース剤10kg 硬化剤1kg

セラハード#220 耐熱型
混合比
ベース剤・硬化剤
比率10:1

安全データシート ダウンロード

セラハ-ド#120(標準型)
ベ-ス剤

硬化剤
セラハ-ド#220(耐熱型)
ベ-ス剤

硬化剤

耐磨耗ライニング剤セラハードの施工例→

耐磨耗ライニング剤セラハード#120の施工マニュアル→

耐磨耗ライニング剤セラハード#220の施工マニュアル→