あらゆる耐摩耗セラミック工法を安価にご提案・幅広いメンテナンスニーズにお応えいたします
耐摩耗セラミックライニング・補修剤・接着剤 東洋ミック(株)

#220 施工手順

セラハード施工例

セラハード#220施工手順

1)下地処理 母材金属面

サンドブラスト、又はサンダー等にて付着の塗料、錆、汚れを完全に除去してください。
第1種~第3種ケレン処理

※母材表面を荒らすことにより、樹脂の密着強度が増します。

下地処理 母材金属面

2)素地調整

油脂分はシンナー、アセトン等の溶剤にて完全に除去してください。
又、塩分等が付着していれば完全水洗いをし、水分は十分に乾燥してください。
素地調整

3)ライニング施工用具

計量はかり、練り板、ヘラ、コテ、ゴム手袋、溶剤等を用意してください。
ライニング施工用具

4)セラハード#220計量 10:1

重要

セラハード#220の容器より適量を取り出しベース剤と硬化剤を10:1の割合で配合計量してください。
※配合比率を間違えると性能低下する場合がございますご注意ください。

セラハード#220計量
セラハード#220計量

5)攪拌

ヘラ、コテ等にてベース剤と硬化剤が完全に混ざり合うまで攪拌してください。
冬季低温の時は、粘性が高くなりますので、ヒーター等にて30℃程度に加温すると容易に混ぜ合わすことができます。
※セラハード#220を混ぜ合わせた後、使用できる時間は20℃の場合で約2時間です。

可使時間 約2時間 20℃
硬化時間 約24時間 20℃
攪拌

6)ライニング施工 塗布

セラハード#220を適量、ヘラ、コテ等にて塗布面に空気が入り込まないよう均等にすり込むようにライニングしてください。
冬季低温の場合は母材を20℃~30℃に加温すると容易に施工ができます。
又、別売りの下塗りプライマーを使用する事により、密着度を上げる事も出来ます。
少量の溶剤にコテ、ヘラ等を浸す事により、樹脂の付着が無くなり容易に仕上げることが出来ます。
ライニング施工 塗布

7)セラハード#220 ライニング仕上げ

セラハード#220を塗布ライニング後、空気だまり等の無いように、ヘラ、手等にて圧縮し母材と完全に密着させて整えてください。
※少量の溶剤にコテ、ヘラ等を満浸する事により、樹脂の付着が無くなり容易に仕上げることができます。
セラハード#220 ライニング仕上げ

8)養成、硬化

ライニング後の養成時間は、20℃で約24時間です。
ヒーター等にて50℃~60℃にて加熱した場合は約2時間程度で完全硬化しますので時間が短縮できます。

直火による加熱は絶対にお止めください。
養成、硬化

9)硬化チェック 完了

ライニング表面をハンマー等で軽くたたき、完全硬化を確認してください。
万一不備な箇所があれば、再ライニングしてください。
硬化チェック 完了

耐磨耗ライニング剤セラハードの仕様→

耐磨耗ライニング剤セラハードの施工例→

耐磨耗ライニング剤セラハード#120の施工マニュアル→